タグ別アーカイブ: 白内障

多焦点眼内レンズのこと

多焦点眼内レンズは、目の中に入れるレンズのピントが、遠くの方にも手元の近くにも合うように作られたレンズだそうです。これを白内障手術の際に入れると、今まで必要だった老眼鏡や眼鏡などが必要なくなる人もいるそうです。目の中に入れる永久のコンタクトレンズといったものでしょうか。便利なレンズです。ただ、これは保険診療よりも費用がかかるそうなので、手術を受ける前に費用のことは病院から説明を聞いておくとよいでしょう。最新の医療だということで、病院によってもこのレンズを採用しているところはまだ少ないかもしれません。どこでも受けられる手術ではなくお金もかかるものですが、日々の生活がいかに快適になり、安全性が高まるかを考えるとメリットは十分ありそうです。

さて、今週末は岩手でも花火大会などのイベントが各地で行われる予定です。個人的におすすめなのは、北上市で行われる花火大会。これは、灯ろう流しも行われるので、とても幻想的な風景を楽しむことができます。お盆は亡き人やご先祖さまをお迎え&お送りする、いわば魂との交流をする機会です。お祭りの意味も味わいながら、心を大切にする行事として参加することは日本人にとって引き継いでいきたい大事なものがあると考えています。

続きを読む

眼科の検査でわかる白内障

先日の記事から白内障について調べていたところ白内障情報室なるものがありました。便利ですので興味がある方はご覧になってください。
これまであまり紫外線に気を付けたことはなかったのですが、強い紫外線は肌だけではなく目にもよくないことを知って、今年から帽子とUVカットの眼鏡をかけて外出しています。女性は日傘などが使えて便利ですね。本格的な暑さになってきたので熱中症予防にも気を付けたいところです。

先日はやや強い揺れを感じる地震がありました。日本各地で噴火もあるため地球は何か起こっているのでしょうかね。田舎にいると都会のことを客観視でき、都会にいるとまたその逆が起こります。何が問題となっているかどの視点で見るのかも大事です。

続きを読む

白内障と高齢化

白内障は加齢によって誰でも起こりえる眼の病気だそうです。高齢社会の日本では多くの方が白内障でこれからも増えそうですね。白内障は進行すると眼が濁ってくるそうで、見た目でもわかるみたいです。そういえば老人で時々そのような眼を見ることがあります。
白内障の手術を受ける患者の数は年間100万人もいるとか。日帰りで行える病院も多いそうです。最新のレーザー手術というのもあるようなので、手術の方法もどんどん進化しているので昔とは全然違うのではないでしょうか。

老化現象というとシワや白髪みたいなものかと思いますが、白内障はそのように放っておける老化現象でもないようです。
紫波町は漢字で書くと紫の波なんてきれいな町名だと思いますが、響きは「シワ」なんですよね。由来の中には「たわまって曲がったところ」(いわゆるシワですね)という意味にちなんでいるともされています。

続きを読む