紫波町の観光スポット

岩手県紫波町では、見晴らしのよい公園や博物館、果物狩りが楽しめる施設で楽しいひと時を過ごすことができます。

町の中央に位置する紫波城山公園はかつては豪族の居城があった場所で、岩手山や北上川を見下ろすことができます。

この公園は桜の名所にもなっていて、開花期には2000本の桜が競って咲いて人々の目を楽しませライトアップされた夜桜も見事です。

野村胡堂あらえびす記念館は銭形平次捕物控の作者野村長一氏の作品や氏の業績を展示している博物館です。

野村氏はあらえびすというペンネームでクラシック評論家としても活躍したことで有名ですが、銭形平次にまつわるビデオやクラシックの鑑賞もできる博物館です。

所要時間は40分ほど、ぜひじっくり見ていただきたいスポットです。

紫波観光高橋ぶどう園では低農薬でぶどうの栽培をしています。

園内ではぶどう狩りができますが、子どもさんや車椅子をお使いの方でも安心して参加できる造りになっています。

ビニールハウス式なので多少の雨など天候が悪くても営業しています。

ぶどうの販売もしていますし、地方への発送も対応してもらえるのでお土産や遠くの知人に紫波町のおいしいぶどうを新鮮な状態で届けたいという方にもおすすめです。